まいのまいペースなまいにち

女子大生がのんびり語ります。

ネガティブなはなし。

ネガティブなことはSNSに書かないようにしている。書いてるときはストレスの発散だとしても、見返した未来の私が自ら発したネガティブな言葉でネガティブになるのが分かるからだ。



でも、これはどこにも発散できそうにないので、仕方なくここで発散させてもらう。未来の自分ごめん。


そして、話のまとまりがなくて、すごく分かりずらい文でごめん。頭悪いのばれる。未来の自分ほんとごめん。





母と母の友人の話だ。


母の友人(以下、Aちゃん)は重い病気で体が思うように動かない。そう、1Lの涙の病気である。これから病状が悪化したら入院したりするだろう。そのためにはお金が必要だ。


Aちゃんの元夫がとにかく最低野郎で、元々働いていないニートヒモすねかじり野郎である。病気のAちゃんを気にもとめず遊び倒し、Aちゃんからおこずかいをもらっている。Aちゃんが一生懸命貯めたお金を勝手に使い込み、挙げ句の果てに借金をし、Aちゃんのクレジットカード勝手に使うという、もうそんじょそこらの最低野郎なんか屁でもないような私の人生で出会うであろう男たちの中でも金メダル級の史上最悪男だ。


母親から詳細な額は聞いていないのだが、どうやらAちゃんの元にクレジットカード会社から300万の請求があったそう。


Aちゃんが病気になってから(随分と前から)、Aちゃんの叔父、母親、母親とAちゃんの友人(以下、Bちゃん)などで、元夫からAちゃんのお金を取り戻そうと動いているのだが、Aちゃんは「元夫さんはいい人だから」と言って聞く耳を持たない。


分かる、分かるよ。好きな人のことボロクソ言われるの頭来るよね。分かる。恋したことないけど←


母親とかほんとボロクソ言ってるもんな。そりゃ頭来るよね、分かる。でも、母親はAちゃんが大切なだけなんだよ。大好きなAちゃん守りたいだけなんだよ。


叔父さんが弁護士さんに相談したり、BちゃんはAちゃんの後継人になるために勉強したり、外野の私からするとドラマかな?みたいな展開が続いている、本当に。


電話越しで、母親がAちゃんに涙ながらに説得を続けてるのをここ最近よく耳にする。自室にいても分かる。あ〜本当にAちゃんを守りたいんだなって思う。


この間、母親が

「〇〇ちゃんはさ、友人が病気で、その夫が友人のお金を使い込む人で、でも友人は好きな夫のことを肯定したいときどうする?」という質問してきた。


「力尽くで別れさせる」と私は答えた。「もし、それで友人が私のこと嫌いになっても、私は好きな友人のために別れさせる。」と。


母親は「やっぱりそうだよね」と言った。


母親とBちゃんが話し合って、次に弁護士とかを介さずに勝手にクレジットカード会社に元夫がつかった金額を払うのであれば、縁を切るということを伝えていた。


私も絶対にそうしていたと思う。


でも、母親が友人に縁を切るとまで言っている事実が悲しい。



今の友人たちとは、大人になっても仲良くしていきたいと思っている。でも、大人になって、財産の話も絡んできて、築いた関係が変わってしまうかもしれないことを考えると怖い。


大人になりたくないなー。