読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいのまいペースなまいにち

女子大生がのんびり語ります。

収穫。

diary movie

映画館に行きました。

 

『午前十時の映画祭』

 
 
TOHOシネマズでやっている、
昔の作品をデジタルリマスター版で上映するやつ。
 
 
なんと、大学生は500円なのです。
 
 
これ、学生のうちに通おう‼︎
と、心に決めたので
これから2週に一度は映画館に通おうと思います。
 
 
とりあえず、
今現在上映されている作品は
グループA『恋に落ちて』
 
 
昨日はグループAの劇場へ、
今日はグループBの劇場へ行ったので
どちらの作品も観ました。
 
 

『恋に落ちて』

いい話だったんだけど、なんで?って思った私はまだ子どもなのだな〜。
恋愛というものをしたことがある人には分かるものなのかしら?
 
まず、途中で飽きた。洋画ってほとんど観たことなくて、というよりも映画全般をほとんど観たことなくて。
 
といのも、長いんだよね。
 
ドラマは大抵1時間だから、集中力が保つのだけれど、映画は普通に2時間あるから途中で飽きる。
 
 その点、舞台は生ものだから引き込まれて3時間なんてあっという間に過ぎる。舞台って凄い。
 
とくに、最近はDVDやblue-layというものがあるから、早送り機能というものがあるわけで
 
飽きると終盤までスコーーーンと、とばしてしまうのです。
 
つまり、起承転結の"起"をみて"承転"をとばして"結"をみてしまうのです。
 
早送り機能があるからいけない(笑)
 
ということで、洋画を丸々一本みたことがなかった私だけれど
 
映画館には早送り機能はないので、3倍速ボタンを押したくなるのを我慢して最後までみた。
 
そう、洋画を丸々一本、それも字幕でみれたのだ‼︎
 
もうこれだけで拍手レベル
 
わたし、やった‼︎
 
ってことで映画は
 
1、途中飽きた。
2、とりあえずハッピーエンド?でよかったね。
3、でも納得いかない。
4、やっぱり不倫は駄目だよ。
5、恋する気持ちが分からない。
 
でした。
 
ちなみに、収穫は
 
映画を字幕で丸々一本みれました
 
です‼︎
 
 

ティファニーで朝食を

これは友人と一緒に。題名はもちろん聞いたことがあったけれど、どんな内容なのかは全く知らなかったし、オードリー・ヘップバーンの作品も初めてみた。
 
一言でいうと、
全く飽きなかった‼︎
 
主人公が美男美女だし、
 
小物や衣装の一つ一つがオシャレで
 
全然退屈しなかった。
 
1、音楽がいい。
3、衣装、小物がオシャレ。
4、あのあと2人はどうやって生計をたてるの?
5、猫がかわいかった。
 
もう一度みたい( ´ ▽ ` )ノ
 
 
結論からいうと、どっちもみてよかった。
 
 
東宝がデジタルで蘇らせたいと思うラインナップなのだ、悪い作品なわけがない。
 
 
この先社会出て、もしくは気になる意中の相手と、もしこの二つの映画の話になってもわたしは最低限自分の意見が言える。
 
 
いわゆる名作であるから、みて損はない。
 
 
それが大学生は500円でみれるのだ。
 
 
東宝さんに感謝‼︎
 
 
GWにマイフェアレディとロシュフォールの恋人たちの上映があるので
 
 
絶対に行かなくては‼︎